リスボン、ジャカランダマップ

今年もジャカランダの季節がやってきます。少しずつ咲き始めたジャカランダは、毎年5月下旬から6月上旬にかけてリスボンを紫色に染めます。カラフルなリスボンがさらにカラフルになる最高の季節です。 世界3大花木に数えられている紫雲木は、リスボンでは街路樹として植えられていて初夏の風物詩になっています。ポルトガルの青い空と白い雲、そしてカラフルな建物を背景に咲く紫色の花はとてもきれいです。またジャカランダの散った花びらは、地面を一面紫色に染めま...

リスボン、新年の花火

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 映像は本日カウントダウンの後に打ち上げられた新年の花火をです。ポルトガルではそれぞれお気に入りの場所で、カウントダウンの後、スパークリングワインを開け花火を見ながら新年を祝います。たまにスパークリングワインが降って来ますのでご注意下さい。そしてその後は朝まで飲み明かします。 映像はアルファマ地区のエステヴァオン教会の展望台より。

リスボンのクリスマスマーケットとビデオマッピングショー

リスボンはすっかりクリスマスムードで、各ストリートにはイルミネーションが輝いています。 今年の12月14日から23日まで、クリスマスを題材にしたビデオマッピングショーがリスボンのコメルシオ広場で行われます。19時、20時、21時の毎日3回スタートで15分ほどのショーになっています。凱旋門をスクリーンにして映し出される映像は、リスボンのアイコン路面電車やペソアなどが登場し、子供から大人まで楽しめるとても面白いものになっております。 また28日...

お祭りの代名詞Farturas

Farturasは、ポルトガル版のドーナツで、お祭りなどで出る屋台の定番です。 油の中に直接生地を絞り出し、丸いぐるぐる巻のドーナツを作ります。しばらくしたら、長い箸のようなもので裏返しに更に揚げていきます。その後長さ20センチほどに切って、砂糖とシナモンパウダーをふりかけていただきます。 とても素朴なドーナツですが、癖になってしまう1品です。揚げたても美味しいでが、匠のつくるFarturasは冷めてもカリカリクリスピーでオススメです。Fart...

ポルトガル初夏の名物

ポルトガル初夏の名物はカタツムリです。この時期になるといたる所に、Ha Caracoisという看板が見られます。 小さいカタツムリはCaracois、通常ガーリックやオレガノなどの香草と一緒に煮込んだものです。食べ方は楊枝もありますが、ポルトガル人は、チューチューと殻ごと吸って殻に入ったスープと一緒に身を出して食べます。 大きなものはCaracoletas。ガーリックやパセリ、パン粉とともにオーブンで焼いたものになります。こちらは溶かしたバター...

リスボンでファドを楽しむ

ポルトガルのファドとは、今でも根強く庶民の間で受け継がれている民族歌謡です。ファドは、労働者階級の酒場で生まれた音楽で、通常ポルトガルギターとクラシックギターの演奏で歌います。ファドと聞くと寂しい曲を歌いあげるという感じですが、お祭りなどを題材にした楽しい雰囲気のものもあります。 高級店ではプロの歌手が歌い、料理を楽しみながらしみじみと聞き入る感じですが、庶民派のストリートファドは、酔っ払った地元の人が飛び入りで参加し、歌に合わせた独自の振り付けをし...

リスボンのクリスマスイルミネーション

このシーズンのリスボンの街はクリスマスツリーやイルミネーションが輝いています。経済事情の悪化で以前ほどの迫力はありませんが、この時期にリスボンを訪れる方はクリスマスムードを楽しんでいただけると思います。 また、今年はコメルシオ広場にてCIRCO DE LUZと題し、コメルシオ広場の凱旋門をスクリーンに光の演出によるサーカスが毎晩行われております。意外と楽しく入場は無料ですのでぜひご覧になってみて下さい。 開催日時: 12月25日までの...

この時期のリスボンの風物詩

5月下旬より6月中旬まで、リスボンのあちらこちらでジャカランダという木がきれいな紫色の花を咲かせます。 この花は、ポルトガルの青い空と白い建物ととてもきれいにマッチします。写真ではあまり表現出来ないのが残念ですが、この時期にリスボンを訪れる方は、ジャカランダを是非皆さんの目でご堪能下さい。 初夏の日差しが心地よい、ジャカランダの見えるカフェのテラスで初夏の名物カタツムリをつまみながら、ヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガル特有の若い微発砲の白ワイン)...

レストランでエンターテイメント

ポルトガルのレストランでは、食事中に時々頼んでもいないのにストリートミュージシャンがギターなどの楽器を演奏したり、学生の団体が歌を歌いだしたりする場合があります。 そして演奏が終わるとチップを要求してきますが、この場合はその演奏が気に入った場合のみ気持ちをお支払い下さい。 また、アクセサリーやバラの花などを売って来る人たちもいますが、必要ない場合ははっきりとNo Thank youと意思を伝えて下さい。 意思をしっかりと伝えればしつこくつきまとわ...

リスボンの老舗ロウソク屋さん

シアード地区のカモンイス広場近くに店を構えるCasa das Vellas Loretoは、1789年創業の老舗ロウソク屋さんです。Loreto家が6代にわたり伝統を守り続けています。 ウインドウには、たくさんの手作りキャンドルがきれいにディスプレイされていて、店内に足を踏み入れるとそこは別世界になっています。木の彫刻が施された店内は、どっしりとした伝統を感じさせ、さらに神聖な気持ちにまでさせてくれます。 店内には宗教行事で使うロウソクから、部...
error: Content is protected !!