Arco da Rua Augusta展望台

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

Arco da Rua Augustaは、リスボンの玄関口として、1775年に起きたリスボン大地震の後、100年かけて完成しました。 そして近年展望台としてもオープンし、リスボンを360度見渡せる人気観光スポットになっています。 大きなコメルシオ広場、その向こうにはテージョ川、反対側からはバイシャ地区やカルモ教会、大聖堂、サン・ジョルジェ城も見渡すことが出来ます。 チケットを買って、自動改札にバー […]

快楽と言う名の墓地

Posted コメントするカテゴリー: カフェ/バー観光スポット

リスボンの路面電車28番の最終地のプラゼレスには、プラゼレス墓地という大きな墓地ががります。 (Prazeresとは、日本語で快楽という意味) 裕福な家庭、または裕福だった家庭の立派なお墓が数多くあり、有名な詩人、俳優などのセレブリティのお墓も多いそうです。ポルトガルを代表する詩人、フェルナンド・ペソアのお墓もジェロニモス修道院に移る前はここにあったそうです。またファド歌手のアマリア・ロドリゲスの […]

Salinas de Rio Maior

Posted 2件のコメントカテゴリー: お土産・ショッピング観光スポット

Rio Maiorは、リスボンから南に75キロほどのところに位置する街です。その街にあるSalinas de Rio Maiorでは、1177年から現在まで塩を作っています。一番古い記録が1177年ということで、更にその昔から作っていたと言われております。 海から30キロほど離れておりますが、岩塩鉱山があるこの土地の水は通常の海水よりも7倍しょっぱいそうです。 何画もある塩田で、今もなお水を張り3 […]

リスボンのインテンデンテ広場

Posted コメントするカテゴリー: イベント・祭りお土産・ショッピング観光スポット

インテンデンテ広場(Largo do Intendente)は近年新しく生まれ変わり、アズレージョが美しい建物が並び、可愛いベンチのある広場になりました。広場にはオープンカフェが軒を並べ、お好きなドリンクとともに美しいアズレージョを眺めゆっくりした時間を過ごせます。 何年か前までは、あまり近づかないほうが良い地域で、駐車場として使われていたスペースを改装して作った広場です。 安全できれいな広場にな […]

モンサラーシュ

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

モンサラーシュ(Monsaraz)は、モンサントやオビドスといったポルトガルの中でもっとも美しいとされている村の1つです。アレンテージョ地方、スペインの国境近くの丘の上に位置し、白い壁がきれいに可愛らしく整備され、今なお中世の面影を残しています。 30分もあれば一周できる小さな村ですが、おみやげ屋さんやレストラン、カフェなどもあり、ゆっくりと雰囲気を味わうことが出来ます。 またこの村からは雄大なア […]

マフラ国立宮殿の図書館

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

リスボン郊外の街マフラにある国立宮殿の図書館が、イギリスの新聞Telegraphが発表した16箇所の世界の豪華な図書館として紹介されました。 1771年に建てられた、見た目はゴージャスなこの図書館ですが、本の保存に薬品を使わず、図書館に住んでいる小さなコウモリが本に付く虫を食べることで大切に保存しているというエコな部分もあります。 またこの図書館には、16世紀から17世紀に出版された日本の文化を紹 […]

最もポルトガルらしい村

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

モンサントは、ポルトガルの東部、スペインとの国境付近のエストレラ山脈の東にある小さな村です。そしてこのモンサントはポルトガルで最もポルトガルらしい村といわれているそうです。 モンサントは標高758メートルに位置し、他の場所にはないごつごつした大きな石がごろごろしており、この特異な地形から昔は聖なる場所として崇められていたそうです。そしてここに住む人々はこの大きな石を利用して家を建てています。この石 […]

ドクターソウザ

Posted コメントするカテゴリー: 習慣・風物詩観光スポット

ドクターソウザ(Dr. José Tomás de Sousa Martins 1843-1897)は、結核の治療を専門に特に貧しい人たちの為に人生を捧げた医師です。最期は自身も結核にかかり自ら命を絶ちましたが、彼の死後1904年には彼が主に働いていたペナ地区に彼の銅像が出来き、100年以上たった今なお病気になってしまった人や、その家族などが健康の回復を祈願するために彼の銅像に祈りを捧げに訪れます […]

クリスト・レイ像

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

クリスト・レイ像は、リスボンからテージョ川を渡りアルマダにある、1959年完成したカトリックの記念碑です。 リスボン市街と対岸にあるため、ここからはリスボンが4月25日橋とともに一望出来るお勧めスポットです。併設されている公園からも美しい景色が眺められますが、4ユーロを支払うと、エレベーターでこの像の頂上まで行く事が出来ます。きらきらとリスボンが輝く夕方の時間帯がおすすめです。 こちらにはカフェも […]

リスボンのジュエリーギャラリー

Posted コメントするカテゴリー: お土産・ショッピング観光スポット

リスボンのサントス地区にあるGaleria Reversoは、ポルトガル人アーティストを始め世界中のジュエリーアーティストによる個性的なアクセサリーを販売しているギャラリーです。また定期的に展示会、ジュエリークラフトのコースなどが開かれてます。 お求めやすい価格のものもたくさんありますので、リスボンにてひと味違う個性的なアクセサリーを自分にご褒美してみてはいかがでしょうか? オフィシャルサイト:w […]

アヴェイロ名物のウナギ

Posted コメントするカテゴリー: お土産・ショッピング観光スポット食べ物・飲み物

ポルトガル北部の都市アヴェイロは、ポルトガルのベニスと呼ばれ、運河が迷路のようにはりめぐらされた潟にある、人口7万人弱の小さな都市です。これらの運河をモリセイロというカラフルな小舟での観光が人気です。 そしてここアヴェイロの名物がウナギとなっています。ウナギと言っても日本で頂く蒲焼きのような大きな物ではなく、長さ15cmほどのものになっています。レストランでは、主に唐揚げ(Enguias Frit […]

第37回 馬の祭典

Posted コメントするカテゴリー: イベント・祭り観光スポット

今年は11月02日より11日まで、リスボン近郊の馬の町ゴレガン(Golegã)にて第37回馬の祭典(全国ホース・フェア / Feira Nacional do Cavalo)が行われます。 馬の好きな方にはおすすめの祭りです。また馬に興味がなくとも期間中は様々な食べ物の屋台や郷土品を売るお店も出店致しますので楽しんで頂けると思います。 ゴレガンに行かれる方は、トマールやファティマ、Vila Nov […]

アーモンドの花ルート

Posted 2件のコメントカテゴリー: イベント・祭り観光スポット

ポルトガル北部のアルト・ドウロ地方はワインの生産で有名で一面ぶどうの段々畑が広がるのどかなドウロ川上流に位置しています。この地域は、アルト・ドウロ・ワイン生産地域の名でユネスコの世界遺産にも登録されている美しい地域です。 毎年春になるとこの地域はアーモンドの花が咲き乱れ、緑の中にピンクや白の絨毯のようにとても美しい風景を見ることが出来ます。そして、毎年ポルトガルの鉄道会社CPはアーモンドの開花に合 […]

プリンシペ・レアル広場

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

リスボンのアルカンタラ展望台の先にあるプリンシペ・レアル広場はとても美しい公園です。たくさんの樹々が生い茂り、またカフェやキオスクもあるので観光途中に一休みするには最適な広場です。この広場にはリスボンで一番古いとされるとても大きな松の木があり、この松の木と広場に魅了された日本人画家の長島稔氏はたくさんの作品をこの広場で描いています。 毎月最終月曜日とそれの前の土曜日にはマーケットが開かれ、手作りの […]

グルベンキアン美術館

Posted 1件のコメントカテゴリー: 観光スポット

グルベンキアン美術館は、リスボンにあるアルメニア人の石油王カルースト・グルベンキアンが世界各国より個人で集めた6,000点ほどの美術品を所有している美術館で、グルベンキアンの死後、1969年に彼の遺言に従いグルベンキアン財団によってオープンしました。 彼のモットーは “1番いいものだけ”だったと言うだけあり、ルーベンスのヘレナの肖像、ディーリックの受胎告知をはじめ、モネ、レンブラント、ターナー、ル […]

マフラ国立宮殿(修道院)

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

リスボンより北に車で40分ほどに位置する、人口5万人ほどの町、マフラ(Mafra)にあるマフラ国立宮殿は、バジリカ(礼拝堂)と修道院を併設したポルトガル最大級のバロック建築の宮殿です。18世紀に国王ジョアン5世とマリア・アナの間に子供が生まれたことを神に感謝するために建設されました。 13年もの歳月と計5万人以上に及ぶ労働者を動員し、1730年に完成したこの宮殿には、1200の部屋に加えて4万冊近 […]

マルベイラのマーケット

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

マルベイラはリスボンより電車で1時間ほどの場所にある、昔ながらの風車があるのんびりした山間の村です。ここマルベイラの広場にて毎週木曜日はマーケットが開かれています。 このマーケットは18世紀より続く歴史あるもので、規模もポルトガル国内で最大級、日用品から洋服や靴、食べ物全般なんでも揃います。観光客はあまりいなく、この付近に住む人達で毎週賑わっています。ここマルベイラにてポルトガルの本当のマーケット […]

『ここに地終わり、海始まる』

Posted 2件のコメントカテゴリー: 観光スポット

最果ての地、ユーラシア大陸最西端に位置するロカ岬、これはポルトガルの偉大な詩人カモンイスが詠んだ一節です。ロカ岬はとても人気のスポットで日中はたくさんの人で賑わいます。しかし、おすすめはサンセット。夕焼けが毎回雲のでかたなどによって様々な色に変化するロカ岬はとても幻想的です。今の時期は9時を過ぎたあたりがグッドタイミングです。夜になるとバスがありませんので、プライベートツアーかレンタカーにて訪れて […]

トマール

Posted コメントするカテゴリー: 観光スポット

リスボンより北に車で2時間程の緑に囲まれた街、トマールは只今4年に一度の祭り“タブレイロスの祭り”(7月2日〜11日)の準備が進められています。この美しい街、トマールにはタブレイロスの祭りだけでなく、ユネスコの世界遺産に登録されているキリスト教修道院やシナゴーグ(ユダヤ教会)といった歴史遺産があり、旅行者に人気のデスティネーションです。リスボンにご旅行の際は少し足を伸ばし訪れてみてはいかがでしょう […]