レトロなデザインがかわいい、デッドストックのアズレージョ

Cortiço & Netosは、José Cortiçoさんが1979年に設立したアズレージョの会社です。 Joséさんは、ポルトガル各地の工場より、新しいラインによりそのデザインが作られなくなったもの、工場を閉めてしまって現在生産されていないタイルを、ポルトガルのアズレージョの歴史を後世に伝えるためコツコツと集めてきました。 そして昨年、彼の孫がおじいさんの意思を引き継ぎ、リスボンのマルティン・モニス地区にお店をオープンしました。 店内にはおしゃれに、レトロなデザインのデッドストックアズレージョが所狭しと並んでいます。 アンティークの年代物ではなく、1960年代からのミッドセンチュリーなデザインは、今手に取るととってもかわいいものばかりです。 タイルは1枚から購入可能、また思いっきり何十枚も同じものを購入し、家の改築に使うこ...

リスボンハーフマラソン

今年で25回目を迎えるリスボンハーフマラソンが、3月22日に開催されます。 リスボンのアイコンの4月25日橋(通常は歩行者立ち入り禁止)や、世界遺産のジェロニモス修道院などがあるベレン地区を走ります。また当日は7kmのミニマラソン、車いすマラソンも行われます。 只今参加の申し込みをしていますので、マラソン好きの方はチャレンジされてみてはいかがでしょうか?リスボン観光とセットで是非お越し下さい。 参加申し込みはオンラインで、www.meiamaratonadelisboa.com

リスボンの空をタイムラプスで

リスボンの夕暮れの模様をタイムラプスにて撮影しました。25秒の作品ですので、みなさん是非ご覧下さい。 ゆっくりとカフェのテラスなどで夕日を眺めるのはポルトガルの楽しみの一つです。 ポルトガルの空はとても美しいですよ。

リスボン、新年の花火

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 映像は本日カウントダウンの後に打ち上げられた新年の花火をです。ポルトガルではそれぞれお気に入りの場所で、カウントダウンの後、スパークリングワインを開け花火を見ながら新年を祝います。たまにスパークリングワインが降って来ますのでご注意下さい。そしてその後は朝まで飲み明かします。 映像はアルファマ地区のエステヴァオン教会の展望台より。

ポルトガル製の最高級タオル

Abyss & Habidecorは、最高級タオルをポルトガルのヴィゼウで生産しているブランドです。 Abyssのタオルは肌触りがふわふわととても柔らかく、高級ホテルも認める品質です。 少し値段は張りますが、安いタオルを短期間で買い替えることを考えると、Abyssのタオルは安い買い物かもしれません。 日本でも買えるそうですが、ポルトガルで買ったほうが断然安いので是非ポルトガルにお越しの際はお土産リストに入れてみて下さい。 病みつきになるフワフワ感、カラーバリエーションも豊富です。リスボンでは、デパートメントストアEl Corte Inglésで購入できます オフィシャルサイト:www.celsodelemos.com

リスボンのクリスマスマーケットとビデオマッピングショー

リスボンはすっかりクリスマスムードで、各ストリートにはイルミネーションが輝いています。 今年の12月14日から23日まで、クリスマスを題材にしたビデオマッピングショーがリスボンのコメルシオ広場で行われます。19時、20時、21時の毎日3回スタートで15分ほどのショーになっています。凱旋門をスクリーンにして映し出される映像は、リスボンのアイコン路面電車やペソアなどが登場し、子供から大人まで楽しめるとても面白いものになっております。 また28日まで、広場ではクリスマスマーケットも開催され、ハンドクラフト製品やスイーツ、ワインなどを売る屋台が出ています。 リスボンの大きなクリスマスツリーの下で、クリスマスの雰囲気を存分楽しんで下さい。リスボンにお越しになれない方には、動画を撮りましたのでご覧になって下さい。 ...

ポルトガルワインの試飲会

Encontro com o Vinho e Saboresは、ポルトガルのワインマガジン(Revista de Vinho)が主催する、ポルトガルのワインの試飲会で11月7日から10日まで開催されました。今年で15回目を迎えたこのイベントには、CENTRO DE CONGRESSOS DE LISBOAに数多くのワイン生産者がポルトガル各地より集まりました。 大人の遊園地への入場料10ユーロを払い、3ユーロのグラスを購入すれば、すべてのワインを試飲することが出来ます。またすべての生産者のリストとそのとなりにメモが出来るカタログがもらえます。関係者のみならず、一般の方の入場も可能で、ヴィーニョ・ヴェルデからポルトワインまで色々楽しめます。 酔っ払ってしまうおそれがあるので、まずは軽めのヴィーニョ・ヴェルデ。そして白ワイン、赤ワイン、最後に...

マクナマラのサーフトリップ

ギャレット・マックナガラさんはプロサーファーで、ポルトガルのナザレで30メートルの高波に乗ったギネス記録の保持者でもあります。 その彼が良質の波を求めてサーフィン天国ポルトガルを旅します。サーフィンに興味が無い人でも、きれいなポルトガルの風景や、その土地の料理などが楽しめますのでご覧になって下さい。 ポルトガルは日本からは少し遠いですが、良質の波、美しい自然、歴史あるモニュメント、美味しい食べ物、フレンドリーピープル、安い滞在費で世界中からサーファーが訪れます。 オフィシャルサイト:www.portuguesewaves.com 1:ポルトガル中部地方 2:リスボン地方 3:アゾーレス諸島 4:ポルトとポルトガル北部地方 5:マデイラ島 6:アレンテージョ地方 7:アルガ...

快楽と言う名の墓地

リスボンの路面電車28番の最終地のプラゼレスには、プラゼレス墓地という大きな墓地ががります。 (Prazeresとは、日本語で快楽という意味) 裕福な家庭、または裕福だった家庭の立派なお墓が数多くあり、有名な詩人、俳優などのセレブリティのお墓も多いそうです。ポルトガルを代表する詩人、フェルナンド・ペソアのお墓もジェロニモス修道院に移る前はここにあったそうです。またファド歌手のアマリア・ロドリゲスのお墓もパンテオンに移る前にはここにありました。 墓地の中は木々が生い茂り、小鳥のさえずりが聞こえるとても静かなスポットです。いろいろなデザインのお墓を見ながら、ゆっくりと木陰を散策してみてはいかがでしょうか?またここからは4月25日橋、遠くにはクリスト・レイ像を眺めることが出来ます。 墓地からは、カンポ・オウリケの市場も近いですので、セッ...

SENNES: ナチュラル志向のポルトガルブランド

SENNESは、ポルトガル在住のベルギー人の織物デザイナーNeleさんが立ちあげたブランドです。 SENNESの製品はすべて、ポルトガルのエストレラ地方伝統のburelと呼ばれるウールと、世界的にも有名なベルギー(アントワープ)のリネンのコンビネーションで作られています。 羊毛を洗浄には湧き水を使用、染色にはなど化学薬品を使わずに、徹底した自然志向、すべての工程を昔ながらの手作業で行われています。化学薬品を使わず洗った羊毛には、羊のオイルが残っているため防水性があり、またリネンは耐久性に優れていますので末永く付き合える製品です。 Neleさんは、自分はファッションデザイナーではなく織物デザイナーなので、生地の性質を最大限に活かしたデザインが特徴だと言っていました。彼女のデザインするバックやアウターは、クリーンなカット、使いやすさを追...