バターリャ

BATALHA

バターリャ

ポルトガル語で「戦い」を意味するバターリャは、1385年8月14日にアルジュバロータの戦いでカスティーリャ王国軍に勝利したことを聖母マリアに感謝するために建設したバターリャ修道院とともに始まったレイリア地方の小さな町です。

バターリャは、バターリャ修道院とその周りにカフェや土産物屋がある程度などで、ナザレやアルコバサなどと組み合わせて観光することをおすすめします。

ようこそポルトガルのおすすめ

    バターリャ修道院 バターリャ修道院 バターリャ修道院

    バターリャ修道院

    バターリャ修道院(正式名聖母マリア修道院 – Mosteiro Santa Maria da Vitória)は、 ポルトガルの独立を象徴する建築物でユネスコの世界遺産に登録されています。

    行き方

    • バス: リスボンのセッテ・リオスバスターミナルより2時間、ナザレより40分
    地図の中心へ
    交通状況
    自転車で行く
    乗換
FacebookTwitterLineEmail