リスボンでファドを楽しむ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 習慣・風物詩

ポルトガルのファドとは、今でも根強く庶民の間で受け継がれている民族歌謡です。ファドは、労働者階級の酒場で生まれた音楽で、通常ポルトガルギターとクラシックギターの演奏で歌います。ファドと聞くと寂しい曲を歌いあげるという感じですが、お祭りなどを題材にした楽しい雰囲気のものもあります。 高級店ではプロの歌手が歌い、料理を楽しみながらしみじみと聞き入る感じですが、庶民派のストリートファドは、酔っ払った地元 […]

機関車が世界遺産のドウロ地区を走ります。

投稿日: コメントを残すカテゴリー: ポルトガル情報新商品

10月13日までの毎週土曜日と9月第1から第4日曜日に、ポルト近郊の街Régua駅よりTua駅まで機関車が運行しています。この機関車は今年で87歳、1925年にHenschel&Sonが制作したものです。ルートはブドウ畑が点在しユネスコ世界遺産にも指定されているドウロ川沿いを走り、美しいポルトガルの田舎の景色が楽しめます。 運行時間は、日曜日はRégua駅を14:48出発、Tua駅に16 […]

世界遺産の修道院コース

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 新商品

ようこそポルトガルから、新しいプライベートツアーのご紹介です。修道院ツアーは、リスボンよりユネスコ世界遺産に登録されているアルコバサ、バターリャ、トマールの修道院を巡る1日ツアーです。限られた時間を有効に使い、3つの修道院をゆっくりと効率良く見学されたい方におすすめです。また、ファティマ、ナザレ、オビドスなどと組み合わせることが出来ますのでお気軽にお問合せ下さい。 詳しくはこちらより。