リスボン、ジャカランダマップ

今年もジャカランダの季節がやってきます。少しずつ咲き始めたジャカランダは、毎年5月下旬から6月上旬にかけてリスボンを紫色に染めます。カラフルなリスボンがさらにカラフルになる最高の季節です。 世界3大花木に数えられている紫雲木は、リスボンでは街路樹として植えられていて初夏の風物詩になっています。ポルトガルの青い空と白い雲、そしてカラフルな建物を背景に咲く紫色の花はとてもきれいです。またジャカランダの散った花びらは、地面を一面紫色に染めま...

この時期のリスボンの風物詩

5月下旬より6月中旬まで、リスボンのあちらこちらでジャカランダという木がきれいな紫色の花を咲かせます。 この花は、ポルトガルの青い空と白い建物ととてもきれいにマッチします。写真ではあまり表現出来ないのが残念ですが、この時期にリスボンを訪れる方は、ジャカランダを是非皆さんの目でご堪能下さい。 初夏の日差しが心地よい、ジャカランダの見えるカフェのテラスで初夏の名物カタツムリをつまみながら、ヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガル特有の若い微発砲の白ワイン)...

今が見頃の紫雲木

リスボンでは、例年五月の半ばから六月の始めが一番見頃の、世界3大花木に数えられている紫雲木(ジャカランダ)が只今満開です。紫雲木はポルトガルで主に街路樹として利用されていて初夏の風物詩になっています。ポルトガルの青い空と白い雲を背景に咲き誇る紫色の花も然ることながら、落ちた花びらは地面を一面紫色に染めとてもきれいです。 世界3大花木とは、紫雲木(ジャカランダ)、鳳凰木(フランボヤン)、火炎木(スパトデア)になってます。
error: Content is protected !!