タブレイロスの祭り

2011年7月18日

トマールでポルトガル最大級の祭り “タブレイロスの祭り” が7月2日〜11日に渡って開催され、今年度もたくさんの観光客で賑わいました。また、この祭りのクライマックス、10日の日曜日16時より行われたパレードは圧巻そのものでした。何百人もの女性が花とパンで飾り付けられたお盆(長さ約1.6m、重さ約15kg)を頭に載せ、男性にサポートされながら街を周回するこのパレードは太陽がカンカンと照りつける中行われ、懸命にバランスをとりながらお盆を運ぶ女性たちに、大勢の観客からは声援と惜しみない拍手が送られていました。また、トマールの可愛らしい街の路地や建物の窓は、紙で作られた色とりどりの花花で飾り付けられ、とても綺麗でした。

この祭りは4年に一度しか行われないため、次回は2015年の開催予定ですが、今回見逃した方は是非4年後にポルトガルにお越し下さい。この祭りの期間中はトマールまた近郊のホテルは満室になってしまうので、お早めにご予約することをお勧めします。またリスボンから日帰りの場合は道路や交通機関がとても混雑しますのでお気をつけ下さい。

タブレイロスの祭り
街の中心より半径2キロほどは車両通行止めになり、駐車する場所を探すのも大変

タブレイロスの祭り
オリーブ畑が駐車場として開放されていました。

タブレイロスの祭り
パレードを見るために訪れた人の波

タブレイロスの祭り
競いあうように、様々なデコレーションで飾り立てられた建物

タブレイロスの祭り
街の公園は沢山の屋台が出ていました。

タブレイロスの祭り
炎天下の中、とても大変そうでした。

タブレイロスの祭り
永遠につづくお盆を頭に載せた女性達

タブレイロスの祭り
教会の前に大集合

タブレイロスの祭り
タブレイロスの祭り
可愛らしい少女を載せた馬車ではなく牛車

タブレイロスの祭り
タブレイロスの祭り
タブレイロスの祭り
路地を彩る花花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

FacebookTwitterLineGoogle+Email